給湯器を直す

張替え

給湯器の故障は機構部分と電子回路部分の2つの故障が有ります。 給湯器は機器制御用の電子コントロール回路が利用されており、この回路は基板になっています。 仮に、この回路が壊れてしまった場合などでは基板の交換となると言われており、機構部分の故障と比較をすると高額の修理費用が掛かる事も有ると言われています。 また、給湯器の破損などの状態によっては、給湯器の使用年数に関係なく修理にかかる費用は高額になるケースも有ると言われているのです。 因みに、給湯器には保証期間があり、一般的な製品では1年間、BL認定製品の場合は2年間となっており、この間に故障した場合は基本的には無償修理と言う形になりますが、保証期間を過ぎた後の故障については有償修理となります。

給湯器はいきなり故障するのではなく何らかの前兆というものが有ると言います。 混合栓のハンドルを回した時、水は出て来るけどお湯が出て来ない事がある、お湯が中々出て来ない事がある、お湯が出ても温度を一定に保つことが出来ない事がある、お湯が出ているけれども急激に温度が下がって水になってしまう事がある、お風呂の追い焚き機能を利用している時など、追い焚きが完了するまでの時間が以前と比べると長くなった感じがするなど、給湯器には故障の前兆が必ず起きると言います。 給湯器を使っている時に、以前と何かが違うと感じた場合など早目に修理を依頼しておくことで、故障の症状が酷くなる前に解決する事も出来ると言うメリットが有るのです。